ダイエット 水分の取り方

ダイエット時の水分補給は重要です!

ダイエット中の女性の画像

人の体の60%は水分でできていますが、この数字は高くなっても低くなってもいけません。つまり水分は摂らなければいけませんが、摂り過ぎてもダメなんです。

 

ダイエットにおいてはお水ダイエットというものがあったり、逆に水太りなんて言葉もあり、どれが正しいのか曖昧になってる部分があると思います。

 

当サイトで、ダイエット中の水分補給に関して正しい知識を持ち、健康的なダイエットを行ってください。

 

1日に取るべき水分量

よく言われるのが「1日2リットル」ですね。

 

これは正しいのですが、2リットルすべてを飲料水などで飲むことを意味するわけではありません。

 

まず人は日常生活を送るうえで水分を排出しています。それは汗であったり尿であったり、はたまた呼吸においても水分を体外に出しています。

 

ですからこの失った分の水分を補給しなければならないのですが、この失う水分量がだいた2〜2.5リットルと言われています。

 

では日常生活で取り込んでいる水の量はというと、まず1日3度の食事でも水分を補給しており、これが約0.6〜1リットル程度と言われています。

 

そしてその食事で得た栄養素を分解する際、体内において人は水分を作り出しています。これが約0.3リットルだそうです。

 

ですから失った2〜2.5リットルを補うためには、残り約1〜1.5リットルを飲料水として摂取しなければなりません。

 

間違っても、失った水分量すべてを飲料水として補給しなければならない、とは考えないでください。

 

最初に述べたとおり、水分は摂り過ぎても体には危険です。

 

飲むべき水分量は約1〜1.5リットル

 

水分を摂り過ぎた場合の弊害

水分を必要以上に摂り過ぎた場合の具体的な弊害を述べておきます。

 

不整脈

お水は体内に吸収されると血液として体を循環し、最終的に尿として体外に排出されます。もし大量のお水を一気に飲んだりすると、体内を循環する血液の量が一時的に増えます。すると心臓はその増えた分余計に動かなくてはなりませんから、血圧が上昇し脈も速くなります。これが不整脈で、症状が悪化すると脳血栓や心筋梗塞を引き起こします。

 

脱水症状

お水を飲み過ぎているのに脱水とはどういうことか。人は大量の汗をかくと水分とともに塩分も喪失していきます。汗をかいたからといって水分を大量に取ると、血液の塩分濃度が薄まってしまうので、体はそれ以上薄くならないよう水分の取り込みを拒否するようになります。これを医学的には「自発的脱水症状」というのだそうです。

 

水中毒

水分を摂り過ぎると、血液中の「ナトリウムイオン」の濃度が低下します。
上記「自発的脱水症状」がさらに進行し、「低ナトリウム血症」の状態になると脳の浮腫を引き起こし、昏睡、痙攣など生命の危険にもつながります。

必要以上の水分摂取は危険。汗を大量にかいた場合は塩分不足にならぬようミネラルも補給することが大事。

 

ミネラルウォーターのすすめ

ウォーターサーバーのイラスト

上記のように、大量に発汗した場合は水分だけを補給するのは危険を伴います。ダイエットなども汗をかくことで代謝をよくし、余分なものを排出できますが、それによって健康を損なっては意味がありません。

 

ですので水分補給の際にはミネラルウォーターを飲むことをおススメします。

 

海外のミネラルウォーターは硬度が高すぎてお腹を壊しますが、日本で市販されているミネラルウォーターは軟水ですので安心です。

 

スーパーなどでも入手できますが、大量の水の運搬や保管が面倒な方はウォーターサーバーを利用すればよいでしょう。

 

お水の種類もサーバー会社によっていろいろありますので、自分の体に合ったお水を選びましょう。

 

こちらのサイトでは目的に合ったウォーターサーバーを紹介しているので、参考にされてはいかがでしょうか。

 

ウォーターサーバーの正しい選び方|目的別にサーバーを紹介します!

 

成人の体の約60%は水でできていると言われています。普段の生活でしっかりと水分を摂取することは大事ですが、ダイエット時には特に注意が必要です。
毎日2リットルの水を飲むというお水ダイエットなどもありますが、その飲み方次第では逆に体調を崩すことにもなりかねません。
また、ダイエットにはお水がいいのかお茶がいいのか、それともスポーツ飲料のほうがいいのかわからない方もいらっしゃると思いますが、それもケースバイケースであると言え、その時々にあった水分補給をすることが大事です。
正しい水分の取り方を知っておくことで、健康的にダイエットを行うことが可能ですので無理をせず、しっかり水分を取りながらダイエットを行いましょう。